30歳の頃の婚活

30歳目前の姪がいるのですが、半年前、結婚すると決めて5年付き合っていた男性と破局し落ち込んでいました。
正式な婚約はしていなかったけれど親も認める仲だったので、相手から別れを切り出されたショックは大きく、自分に自信を失うほどでした。

もう結婚なんて考えないかもしれないなあと思っていたところ、ある時、「婚活をするわ」と言うのです。

聞けば、会社の同僚が落ち込んでいる彼女を見て婚活パーティーに誘ってくれて、気乗りはしなかったけれどデートの相手もいない週末の気晴らしに行ってみたそうです。
今までは婚活なんて物欲しげで嫌と思っていたけれど、行ってみたら明るく爽やかな雰囲気で物欲しげなんてことはなく、逆に結婚をそんなに重く考えてない人達ばかり。
とても楽しく、自分が「結婚」にこだわり過ぎていたことに気付いたそうです。

それ以降、パーティばかりでなく、友人が紹介してくれる人と会ったり、お見合い風の設定にも進んで行くようになり、「婚活」は進み、先日、めでたく婚約をしました。
人と会うことは楽しんだけれど、「結婚」ということにに縛られなかったのがよかったみたいです。
会って数回目で自然に結婚に話が進んだらしいです。
「婚活の場」が「結婚を重く考えないための場」というのは矛盾しているようですが、案外そうなのかもしれません。
『婚活中よ』と軽く言える生き方が女性を魅力的に変えるの気がしています。
婚活サイトもおすすめです。